労働・社会保険の手続きは電子申請で

24時間365日利用可能!

雇用保険の離職手続きの例

①退職者情報の受け取り

 従業員の退職日、退職理由をお知らせいただき、在職時の賃金データと退職届をメール、faxまたは郵送で届けていただきます。

②必要なデータを入力

 退職届をスキャナで取り込み、専用の業務ソフトに退職データと手続きに必要な情報を入力します。


③電子証明書を添付して送信

 資格喪失届や離職証明書等の電子書面に電子証明書を添付してe-Gov(電子政府)に送信します。

④国が審査

 送信した電子書面が受理されたらe-Govサイトで表示され、労働局電子申請事務センターでの審査終了後、公文書が発行されます。


⑤手続終了

  発行された公文書(離職票等)をe-Govサイトからダウンロードします。

⑥離職票等の公文書を送付

 発行された公文書を退職者用と事業所控に分別し、離職票は退職者へ郵送、事業所控えは事業所へセキュリティを施したメール等で送付します。