時代に求められる労務管理のあり方

 戦後の経済成長を支えた日本的雇用慣行が曲がり角に来ていると言われています。新卒が「言われなくても動く」黙契社会は主流ではなくなり、多様な人材の多様な働き方に対応できる企業が望まれる時代がやってきます。そのためには労働条件をキチンと提示できなければなりません。